ピンクの袴は季節の先取り!卒業式にふさわしい理由とは?

桃色=かわいい、そんな印象が子供の頃から植え付けられている気がします。
そんな桃色を着物で使用すると1つの不安が生まれます。
それは「かわいすぎて幼く見えるんじゃないか?」ということ。
袴スタイルの場合は、袴や帯との組み合わせが自由にできます。
さらにブーツを履けば、足元がすっきりと締まって見えるので、幼さから脱することができます。
コーディネート次第では、桃色の着物もシックで大人っぽくなります。

 

今でこそピンクはジャンダー問わず広く使われていますが、やはり「かわいい」という印象は根強い様子。
「キュート」「スウィート」を示す色でもあります。
では、そんな桃色が周りに与える心理効果とは?ゆっくり解説していきます。

 

連想

桃色は花の色として多く使われている色です。
コスモスや桜、ローズなどは着物や袴にも使われる柄で、比較的多く着物に使用される色でもあります。
少女や恋などかわいらしいものを連想しやすい色な一方で、着物にも欠かせない色がこの桃色。

 

桃色から連想するもの

少女 コスモス さくら フラミンゴ リボン 乙女 桃 ハート 恋

 

 

印象

卒業式は多くの場合二月の下旬から三月に行われます。
春が訪れる前に、柔らかな陽だまりの中で行われる印象があります。
ピンクからイメージできる代表的なものは「春」
さくらの色が桃色だからでしょうか、春と言えば桃色という人は多いです。
着物や袴は基本的に季節に合ったものや季節を先取りしたものを選びます。
浴衣もそうですよね。
そのため、卒業式の袴デザインにはピンクが多く見受けられるのです。
安らぎや柔らかさを持つこの色はあなたにかわいらしさももたらします。

 

桃色から受けるイメージ

アイドル 幼い 愛情 春 安らぎ 柔らかい 甘い かわいい

 

 

心理効果

今ここではじめて知ったことがあります。
それはピンクが女性ホルモンの分泌を助けるということ。
これはピンクの持つ「幸せな気持ちにさせる心理効果」が発揮されるからです。
女性ホルモンの分泌で血行がよくなると、肌の潤いが保たれ、美しく若々しい肌になります。
まさか美容にいいなんて思ったこともなく、これには驚きました。

 

桃色から受ける心理効果

  • 安らぎに満ち足りた気分になる
  • 幸せな気持ちや優しい気持ちが起こる
  • 愛らしく見える
  • 心も体も若くなる

 

さらにピンクの持つ「幸せな気持ちにさせる心理効果」は自分だけではなく、周りにも発揮されるもの。見ているだけで気持ちが安らぐ色です。

 

 

性質

ピンクを身に着けるのは、なにも卒業式だけでなくとも、多大なメリットがありそうです。
心がハッピーになるのもそうですし、なにより体が若くなるのはうれしい点。
ピンクを身に着けるだけで愛らしく見えるのなら、これはメリットになり得ます。
では実際にこれを身に着けるとどうなるでしょう。
ピンクは「軽量色」という性質があります。
重たく見えず、軽やかで小柄に見える。だからといって使いすぎではかえって鬱陶しくなるので、その辺の調整は必要です。
色合わせには困らない柔軟性を持つ色なので、コーディネートが楽しめます。

 

桃色の性質

温暖色 柔軟色 軽量色 進出色

 

 

性格

 

ピンクにはかわいいという印象が根強くあります。
そんな色を積極的に好んでいる人は、おそらく「かわいいことを知っている」人ではないでしょうか。
色には様々な印象がありますよね。
たとえば黒ならシックな印象が、白だと清潔な印象が。
その色の服を選ぶときだって、印象を考えます。
シックに見られたいのか、清潔に見られたいのか。
そこで敢えてかわいい印象を持つピンクを選ぶ人は「見た目を大事にする」傾向があります。

 

桃色が好きな人の性格・傾向

  • 優しく思いやりがある
  • 見た目を大事にして、自分をかわいく見せたい欲がある
  • 甘え上手な一方で繊細な面を持つ
  • 女性らしくロマンチスト
  • 損得で動き、ちゃっかりしている

 

 

卒業式にレンタルできる桃色の着物のイメージ

卒業式は2月の下旬から3月に主に行われます。
季節を先取りする着物や袴を着たいという方には、春の訪れを予感させる桃色がおすすめ。
着物にも袴にも使われるこの色は、柔軟性があり、様々な色に合わせやすいです。

 

ピンクの袴を宅配レンタルする一例

 

他にも桃色の袴スタイルを取り揃えておりますので、ぜひご覧ください。

 

レンタル袴コーディネートでピンクの袴を一連で見る