白はレンタル袴の定番色?人気の理由は柔軟性にあり

白と言えば清潔。
スーツの下に着るシャツに白が選ぶのは定番ですよね。
「正式」な感じがしますし「清潔」な印象があるからです。
これは着物や袴も同じ。
白の着物や袴は定番カラーとして、卒業生の方に毎年人気です。
ただ一言に白と言ってもメインが白生地なだけで、そのデザインはさまざま。
袴との組み合わせも自由ですので、あなただけのコーディネートも楽しめます。

 

では白の与える印象についてお話ししていきましょう。
実際に白はどんな心理効果を与えるのでしょうか。
卒業式の定番カラーとは言え、気になるのは「周りからどう見られるのか」です。

 

連想

白と言われて浮かぶのは「雲」や「雪」でした。
おだやかに流れるふわふわとした雲。
はらりはらりと小さくかわいらしく降り積もっていく雪。
おだやかなものや可憐なものに白を感じることがあります。
他にも清潔な印象からシャツを連想しますし、病院や白衣も白から連想できます。

 

白色から連想するもの

雲 雪 シャツ 壁 綿 白衣 病院 石膏 うさぎ ミルク 砂糖 豆腐 天使

 

 

印象

やはり白と清潔は切っても切れないものでしょう。
真っ白で汚れ一つない白は、悪いところが目につきません。
清潔で純粋な印象を抱き、白を着た人の印象にそのまま結びつきます。
白には綺麗や儚い透明感といった印象もあり、好印象を与えます。

 

白色から受けるイメージ

清潔 綺麗 純粋 祝福 平和 無垢 透明感 健康 無限 味気ない 冷淡 善

 

 

心理効果

よく家を広く見せたいなら、壁を白にするだとか白い家具を使うといいと聞きます。
これは白が持つ心理効果の一つ「広さを感じさせる」ところにあるからです。
オシャレに敏感な方なら白=膨張色の印象があるでしょう。
広さを感じさせる白は、実際の面積よりも膨張して見えるため、細く見せたい、足長に見せたい方からは避けられている色でもあります。
その一方で、清潔なイメージがあるのもこの白です。

 

白色から受ける心理効果

  • 清らかで神聖な印象を与える
  • 気分が一新する
  • はじまりを感じさせる
  • 広さを感じさせる
  • 実際よりも軽く感じさせる

 

 

性質

膨張色である一方で、軽量色でもある白。
卒業式の袴スタイルは着物と帯、袴の組み合わせが自由に選べます。
もしも帯と袴で重たい色を使用したいとなれば、上の着物は白にするといいでしょう。
軽量色である白を着ることで、重たい印象が軽くなり、全体的にまとまって見えるからです。

白はピンクにも共通するように「柔軟色」という性質があります。
どんな色にも合う柔軟な色。それが白です。
たとえば同じ白の着物でも、黒の袴も似合えば、青や緑、ピンクの袴も十分似合います。
これはコーディネートをする上でうれしいポイント。
特に和装は普段見慣れないものですから、できるだけオーソドックスで失敗のないコーディネートを考えたいです。
となると、白を選ぶ人が多いのも頷けるでしょう。

 

白色の性質

膨張色 進出色 柔軟色 軽量色

 

 

性格

私は家具や家の壁紙を選ぶときに、白を選ぶことが多いです。
それは単純に家を広く見せたいから。
白には「広さを感じさせる」効果があります。
さらに清潔な印象があり、家に帰ったときに心が穏やかになる気がします。
だから自分でも白を選んでいるのだと思ったのですが……。

 

こうして書いているときにふと思ったのが「そういえばシンプルなのが好きだから白を選んでいるなぁ」ということ。
気づかなかっただけで、白色が好きな人の性格に当てはまっていました。

 

白色が好きな人の性格・傾向

  • 正義感が強く、真面目で完璧主義者
  • 理想に向かって努力する
  • 嘘が嫌いで、正直者、人を信じるタイプ
  • シンプルなことが好き
  • 機能的実用的なものを好む

 

 

卒業式にレンタルできる白色の着物のイメージ

卒業式は厳かな式典です。祝福される場です。
そんな場で白を着ることは、祝福の場にふさわしい、美しい女性という印象を周りに与えます。
和装は滅多に着ないもの。
卒業式の日に着るなら、いつもとは違う自分を演出したい一方でいつもよりも大人びた自分になりたいと考える人も多いです。
白は「いつもよりも大人びた自分」を演出するにふさわしい色です。
どんな帯色にも袴色にも合う柔軟な色なので、コーディネートは比較的楽に決まります。

 

白を取り入れた卒業式袴コーディネート一覧

 

他にも白色の袴スタイルを取り揃えておりますので、ぜひご覧ください。

 

卒業式の袴コーディネートを白色から選んで見る