ネット予約限定!先生・教員用の卒業袴レンタル | 袴コレクション
  • 卒業式の先生向け袴レンタル

先生向けの卒業式おすすめ袴レンタル

教え子の卒業式に袴での参加をお考えの教職員の方に向けて、おすすめのコーディネートや袴デザインについてご紹介。

「教え子の卒業を上品な衣裳で見届けたい」「卒業式・卒園式にふさわしい着物を探している」
「自分にも似合う、地味すぎず派手すぎない着物があれば…」「保護者受けのいいものがほしい」
そんな教員・保育士にぴったりな着物・袴を宅配レンタルでお届けします。

教員・保育士など先生向け卒業式コーディネートの仕方

教職員の方のための、卒業式の着物・袴の選び方をポイント別にご紹介。

卒業式の着物・袴は落ち着いた色味を選ぶことがポイント
先生に着用可能な様々な柄やデザイン

卒業式の主役は、あくまでも生徒たちです。
それを踏まえて教員の方が選ぶべき着物・袴の色は落ち着いた色であることが第一条件です。
保護者の意見としてよく挙がるのは「奇抜な赤や明るすぎる青色などはちょっとどうかと思う」といったもの。
華やかで目を惹き、キレイだなと思うものの、教員という立場である以上、悪目立ちの対象となってしまいます。
であるなら、おすすめなのは赤は赤でも、渋めの紫がかったもの。
または、クリーム色や薄グリーン、薄グレーなど、淡い色味がおすすめです。

ささやかな柄の着物・袴でオシャレを楽しむのはアリ!
教職員におすすめの着物・袴の柄

教員という立場から、卒業式の着物・袴の色合いは必然的に控えめな色をレンタルすることになります。
だからといって、地味なものしか選べないのかというと、そういうことではありません。
先生という立場であっても、着物も袴もささやかな柄でオシャレを楽しむことができます。
大きな柄は、かえって派手な印象になります。
柄自体の色味が濃いのも、あまり好ましくはありません。
小さめの柄、もしくは大きくても控えめな色合いなら、保護者受けもいいでしょう。
定番の柄は桜文様です。
梅や菊といった日本の和花柄も卒業式にふさわしい柄とされており、年齢問わず好まれています。

着物・袴姿の足元は必ず草履と足袋のセットで!
先生が宅配でレンタルする草履

保育士の方や幼い生徒を持つ先生の場合「ブーツスタイルもオシャレでいいと思う」という保護者の声もままあります。
時代も変わり、オシャレについて多様性が認められはじめてきている証。
ですが、現実問題として、まだまだ堅実さを求める方が多くいらっしゃいますから、教員として履物は着物・袴に合わせて草履を選びましょう。
袴コレクションではセット衣裳として、草履をお届けすることになっております。
着物・袴に合わせて、専門スタッフがコーディネートさせていただきますので、ご安心ください。